丸顔も面長も「チーク」で解決!? お悩み別の入れ方テクニック

マスク生活で省略されることの多かったチークメイク。しかし、徐々にマスクを外す機会が増え、チークのメリットや重要性が再注目されています。チークを使うと具体的にどのような効果が期待できるのか、種類やお悩み別の入れ方テクニックとあわせて見ていきましょう。


目次


 


チークを入れると、どんな効果がある?

血色を良くして顔色を明るくする

チークを入れる頬は、顔の中でも広い面積を占めています。この部分に鮮やかな色をのせると顔全体の血色が良くなった印象になり、顔色もパッっと明るくなるのです。顔がどんよりと暗いとき、くすみが気になるときに使うと嬉しい効果を発揮してくれますよ。

 

顔に立体感をプラス&小顔効果も!

チークは入れ方を工夫することによって、顔に立体感やメリハリを生み出してくれます。頬を引き締めて小顔に見せたり、顔の長さを錯覚でコントロールしたりと、顔の大きさや形にコンプレックスを感じている方にも効果的です。

 

シミやそばかすを目立たなくする
意外と知られていませんが、チークは頬の細かいシミやそばかすが気になる方にもおすすめです。上からチークを重ねるとシミやそばかすの輪郭がぼやけて、自然と目立たなくしてくれます。

 


チークの種類とそれぞれの特徴

【初心者さんにも◎】パウダーチーク

パウダータイプは粉状でサラサラとしており、基本的にブラシでぼかすようにのせます。ふんわり優しく色づくうえに肌にのせる量を調節しやすいので、初心者さんにもおすすめです。また、他のタイプに比べてサッと手軽に使えるため、メイク時間を短縮したい方にも最適ですよ。

 

【肌への密着度が高い】クリームチーク

クリームタイプはなめらかなクリーム状で、指やスポンジで肌になじませて使います。肌への密着度が高く、ツヤ感が出るのが特徴です。発色の良さやキープ力を求める人はもちろん、保湿力が欲しい乾燥肌さんにも選ばれています。

 

【みずみずしい仕上がり】リキッドチーク

リキッドタイプは液状で水分が多く、指やスポンジで肌に伸ばすように使います。肌なじみが良く、みずみずしい仕上がりになるのが嬉しいポイント。しかし、慣れていないとムラになることもあるので、どちらかというとメイク上級者さんにおすすめです。

 

【狙った位置にのせられる】スティックチーク
スティックタイプはリップクリームのように固形で、少しずつ繰り出して使います。クリームより硬めのテクスチャですが肌への密着度が高く、キープ力も期待できます。また、ピンポイントで肌にのせやすいため、初心者さんやお出かけ先でも使いやすいでしょう。

 


お悩み別チークの入れ方テクニック

 

ここからはお悩みを解決に導くチークの入れ方をご紹介します。初心者さんでも使いやすいパウダータイプでの手順になりますが、クリーム、リキッド、スティックタイプにももちろん応用できます。 クリームなどを使う場合は以下でご紹介するそれぞれの部分に少量置き、スポンジや指でポンポンと周りに向かってぼかしましょう。最初から濃く入れると野暮ったくなる恐れがあるので、少しずつ重ねて色合いを調節してくださいね。

 

丸顔を引き締まった小顔に見せたい

丸顔を小顔に見せたいときは、頬の中央から目尻の外側に向かって斜めにチークを入れると◎。ふっくらとした頬と輪郭がキュッと引き締まり、大人っぽさやリフトアップ効果が期待できます。

【丸顔を小顔に見せるチークテクニック】

① ブラシにチークを取り、手の甲で量を調節する

② 頬の中央にくるっと円を描いて軽くなじませる

③ そのまま頬骨から目尻の外側に向かってブラシをすべらせる

※頬の中央から斜めに引き上げるように入れることがポイントです。

 

面長を和らげたい

面長さんは頬も比較的縦に長く、そのままチークを入れるとのっぺりとした雰囲気になりがちです。縦長の頬を以下のような横長チークで断ち切り、間延びした印象を和らげましょう。また、少し広めに乗せると顔の余白が減り、中顔面を短縮できます。

【面長解消チークテクニック】

① ブラシにチークを取り、手の甲で量を調節する

② 頬の中央より少し内側から耳の前に向かって、横長かつ広めにチークをのせる ※横に長い楕円形を描くようにのせると効果的です。

 

エラ張りを目立たなくしたい

エラ張りが気になる場合は、頬の中央よりやや下へ逆三角形に入れるとベター。また、広めにぼかして顔周りの余白を消すこともポイントです。顔の下半分がキュッと引き締まり、エラを目立たなくする効果があります。

【エラ張りを目立たなくするチークテクニック】

① ブラシにチークを取り、手の甲で量を調節する

② 頬の中央よりやや下側に、逆三角形を描くように広めにチークをのせる

③ ブラシに少量残ったチークをエラに向かってふんわりぼかす

※それでもエラが気になるときはブラウンのシェードを併用しましょう。 基本的にはチーク→シェードの順番で使用します。

 

頬をふっくらと若々しく見せたい

顔を若々しく見せたいときは、チークの色がポイント。血色感をプラスするピンクと、ヘルシーな華やかさを与えるオレンジの2色を使って、ふんわり丸い頬をつくりましょう。自然な陰影が生まれるため、たるみも目立ちにくくなりますよ。くすみが気になる方、こけた頬をふっくら見せたい方にもおすすめです。

【若々しい印象を生み出すチークテクニック】

① ブラシにピンクのチークを取り、手の甲で量を調節する

② 笑顔になるとふっくら盛り上がる位置に、チークを広めにふんわりぼかす

③ ブラシにオレンジのチークを取り、手の甲で量を調節する

④ 頬骨の下辺りに、頬の丸みを強調するようにチークをふんわりぼかす ※よりツヤ感が欲しいときは、頬の一番高い位置にハイライトを重ねると効果的です。 

チーク 入れ方

 


顔の印象は「チーク」で変わる!

 

今回は、チークの効果や種類、さまざまなお悩み別のメイク方法をご紹介しました。頬は顔の中でも広いパーツですから、チークの入れ方によって印象は大きく変わります。「毎日なんとなく入れていた」という方は、ぜひいつもと違うテクニックを試してみてくださいね。きっといつもより華やかな新しい自分に出会えるはずですよ。