「冬の美白ケア」で周りに差がつく! 透明感アップを叶えるお手入れ方法

「美白ケアは夏だけでOK」「冬は日差しが弱いから日焼け止めを塗らなくていい」なんて思っていませんか? それは大きな誤解で、透明感のある肌を保ちたいなら、冬も美白ケアや紫外線対策を続けることが大切です。冬の美白ケアの重要性を、集中的なケア方法や紫外線対策方法とあわせて見ていきましょう。


目次


 


冬の美白ケアが重要な理由とは?

夏や秋の紫外線ダメージが残っている

夏や秋は紫外線を浴びる機会が多く、肌の内部にはたくさんのメラニンがつくられたままになっています。その状態で冬になり美白ケアをやめてしまうと、残ったメラニンがシミやくすみとなって現れてくる可能性があるのです。

 

冬の乾燥がシミ悪化の原因になる

冬はエアコンなどの影響で肌が乾燥しやすいですよね。実はこの乾燥も、シミ悪化の要因となります。乾燥による刺激がメラノサイトを活発化させるうえに、肌のターンオーバーが乱れてメラニンの排出が遅れてしまうのです。

 

冬でも紫外線は降り注いでいる

「冬は日差しが弱いから日焼けもしない」と思っていませんか? しかし、肌に刺激を与える紫外線は冬でも降り注いでいます。

とくに注意をしたいのが、肌の奥まで届いて老化を引き起こすUVAです。UVAの量は1年を通してあまり変化がないといわれています。日差しが弱いからといって対策を怠ると、シワやたるみなども招きやすくなるでしょう。

 


冬に取り入れたい「美白集中ケア」

まずは保湿をしっかりと

肌の乾燥はシミだけでなく赤みやかゆみ、吹き出物など、あらゆる肌トラブルの原因になります。冬は乾燥しやすいシーズンですから、まずはしっかりと保湿をしましょう。


夏や秋にさっぱり系の化粧品を使っていたなら、しっとり系の高保湿タイプに変えることをおすすめします。角質層がうるおうと美白ケアアイテムの浸透も良くなり、メラニンによりしっかりアプローチできますよ。

 

美白有効成分配合の化粧品を使う

アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、プラセンタエキス、コウジ酸などの美白有効成分には、メラニンの生成を抑える効果が期待できます。上記のような成分が配合されたアイテムを保湿化粧品とセットで使いましょう。

たとえばいつも使っている基礎化粧品があるなら、美容液をプラスする方法がおすすめです。商品にもよりますが、基本的には「化粧水→美白ケア美容液→クリーム(乳液)」の順番で使用します。

また、もともと美白有効成分が配合されている基礎化粧品を使うのも効果的です。使い心地が肌に合うのであれば、オールインワン化粧品も◎。好みに合わせて取り入れてみてくださいね。

 

フェイスパックも効果的

より集中的なケアをしたい方には、美白有効成分が配合されたフェイスパックもおすすめです。この場合も「化粧水→フェイスパック→クリーム(乳液)」のように保湿と組み合わせて使いましょう。

ただし、肌が荒れているときは、パックが刺激になる恐れがあります。赤みやかゆみなどのトラブルがあるときは使用を控えましょう。

 

運動や入浴で血行を促す

体の冷えは美白ケアの大敵ってご存じでしたか? 冷えによって血行が悪くなると肌のターンオーバーが乱れ、メラニンが排出されにくくなるのです。

そのため、体が冷えやすい冬は運動や入浴などで血行を促すことが大切です。運動といっても激しいスポーツをする必要はなく、ストレッチやウォーキングなど体がポカポカと温まるようなものでOKです。

入浴は、熱すぎるお湯だと長く浸かってられず、体の芯まで温まらないので要注意。38~40℃のお湯に10~15分ゆっくり浸かることがポイントです。

 

紫外線対策を忘れずに

すでにお伝えしたように、冬も紫外線は降り注いでいます。基本的な対策は日焼け止めを塗ることですが、「冬はあまり肌を露出しないから、わざわざ塗りたくない」という方もいるのではないでしょうか。

また、「日焼け止めを塗ると肌がより乾燥してしまう」という悩みもありますよね。そのような場合は、以下のような方法がおすすめです。ぜひ冬の対策に取り入れてみてくださいね。

 


冬でも実践しやすい「紫外線対策方法」

UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使う

ベースメイクをする際、UVカット効果のある化粧下地やファンデーションを使うと顔の紫外線対策になります。日焼け止めを塗るのが面倒な方、メイクと紫外線対策を同時におこないたい方におすすめです。

 

手袋やマフラーなどで”うっかり日焼け”を防ぐ

冬の体は長袖やコートなどで守られているので日焼けはしにくいもの。しかし、手や首など、露出している部分は紫外線を浴びてしまいます。手袋やマフラーなどを着用して、うっかり日焼けを防ぎましょう。厚手の手袋やマフラーなら基本的に紫外線を通しませんが、より念入りに対策したいなら黒やUVカット効果のある素材のものがおすすめです。

 

折りたたみの日傘や帽子を持ち歩く

お出かけ先で「急に日差しが強くなってきた」「思っていたよりも太陽光を浴びることになった」なんてときもありますよね。そんなシーンでも日焼けをしないように、UVカット効果のある折りたたみの日傘や帽子を持ち歩きましょう。特に長時間のお出かけ時には備えておくと安心です。

 

スキーなどのレジャーでは徹底的な対策を

スキーやキャンプなど、山でのレジャーシーンでは太陽に近い分より多くの紫外線を浴びるもの。特に雪山は、雪が紫外線を反射するので地上からもダメージを受けてしまいます。強い紫外線は目にも悪影響を与えるので注意が必要です。

そんなレジャーシーンでは日焼け止めも必要に応じて使いましょう。SPFやPA値が高いレジャー用の日焼け止めがおすすめです。さらにゴーグルやフェイスマスクなどを着用して、紫外線を徹底的にブロックしてくださいね。

 


冬の美白ケアで周りに差をつけよう

 

今回は、冬に取り入れたい美白ケアや紫外線対策方法についてご紹介しました。冬は夏に比べるとメラニンがつくられにくいため、美白ケアの効果を実感しやすくなります。お手入れするほど結果につながるのは嬉しいですよね。今こそ集中的なケアをおこなって、透明感のある美しい肌を手に入れましょう。